お問い合わせ | info@hitofusasomi.com | 0800ー919ー1243

  • Twitter - Black Circle
  • Facebook
  • Instagram - Black Circle

November 1, 2018

Please reload

最新記事

和風スープカレー

January 22, 2018

 

<和風スープカレー>

 

 

一房総味だしパックはブイヨンの代わりにスープ作りにも色々とお使いいただけます。例えば、スープカレー。おだしの香に鶏肉の旨みがあわさることで、コクがありながらも後味すっきり。やさしくも味わい深いスープになります。カレー粉の量は控えめで、長ネギと生姜の香りが効いています。お好みでカレー粉を増やしたり、スパイスを追加してもよいでしょう。すりおろしたレンコンで自然なとろみをつけることで口当たりよく仕上がり、胃腸の調子も整えてくれるおすすめの一品です。

 

 

<材料> 2~3人前

鶏手羽元肉     5本

れんこん      100g

長ネギ       1本

生姜        1片(15g)

カレー粉      大さじ1

一房総味だしパック 1袋

酒         100ml

サラダ油      大さじ2

醤油        小さじ1

塩         小さじ1/2

白こしょう     少々

●トッピング

青梗菜       1~2株

ゆでたまご     1~2

 

<作り方>

①ネギは青い部分を切り落とし、白い部分をみじん切りにする。生姜もみじん切りにする。れんこんはすりおろす。

 

 

②鍋にサラダ油を熱し、鶏手羽元肉を焼き付け、全体に焼き色がついたら取り出す。

 

③②の鍋に、長ネギ、生姜、カレー粉を入れて香りが出るまで炒める。酒を加えて鍋底の焼け付きを木べらでこそげ取ったら、鶏手羽元肉を戻し、水3カップ(600ml)と一房総味だしパック、すりおろしたれんこん、塩、白こしょう少々を入れて火にかける。沸騰したら火を弱めて約15分煮る。仕上げに醤油を加えて味を見て、足りなければ塩と白こしょうを足して味を調える。

 

④器に盛って青梗菜とゆでたまごをのせ、ごはんを添える。

 

一房総味だしパックと鶏肉の旨みとコクが合わさることで、味わいに奥行きが出ます。ごはんはもちろん、うどんやそば、中華麺を合わせるのもなかなかです。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square