お問い合わせ | info@hitofusasomi.com | 0800ー919ー1243

  • Twitter - Black Circle
  • Facebook
  • Instagram - Black Circle

November 1, 2018

Please reload

最新記事

夏野菜の揚げ浸し

July 31, 2018

 <夏野菜の揚げ浸し>

 

 

 

夏になると毎週のように作るのが夏野菜の揚げ浸しです。暑い中に揚げ物をするのはちょっと勇気がいりますが、野菜をひたすら揚げながらお出汁に浸けていくだけでとびきりおいしい一品になります。

一房総味を濃いめに煮出して醤油とみりんを合わせる浸し地は気持ち強めの味に仕上げるのがポイントです。たっぷり野菜を加えた時にバランス良くまとまります。野菜はお好みで。なすだけでもおいしいですしゴーヤ、いんげんも良く合います。色々な野菜を合わせる時はカボチャとタマネギはぜひ加えてください。野菜自体の甘みがお出汁にも溶け出して深みが出ます。

出来たてでいただくのも良いのですが、揚げ浸しのお楽しみは翌日です。

冷蔵庫でしっかり冷やして味が浸み込んだ野菜がとろりと美味。お出汁ごとごはんにかけて丼にしたり、おそばやそうめんと合わせるのもいいものです。

冷蔵庫で3日はおいしくいただけるので、たっぷり作るのをおすすめします。

 

 

<材料> 3~4人前

一房総味だしパック  2袋

醤油         80ml

みりん        100ml

タマネギ       1個

パプリカ       1個

なす         3本

万願寺唐辛子     3本

オクラ        4本

ズッキーニ      1本

かぼちゃ       1/8個

大根         約7㎝

ミョウガ       2コ

生姜         1片

サラダ油       適量

 

 

  

<作り方>

一房総味だしパックと水550mlを鍋に入れて強火にかける。沸騰したら弱火にして2~3分煮出す。一房総味だしパックを取り出し、醤油、みりんを加えてひと煮立ちさせる。

 

②タマネギはくし切りに、なすとズッキーニは2㎝の輪切りにする。万願寺唐辛子とオクラは斜め3等分に切る。カボチャは15mmの厚さに、パプリカは種を取りひと口大に切る。

 

③野菜を切ったら180℃の油で1種類ずつ揚げる。野菜が揚がったら油を切りながら②に加えていく。全ての野菜が入ったらひと煮立ちさせる。

 

 

 

④大根と生姜はそれぞれ皮をむき、おろす。ミョウガはせん切りにする。

 

⑤③を器に盛り、④を添えていただく。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square